Harvest

やらかす自分のオンライン おいしいものに、用がある。やりたいことを、やるために。うっかりでおっちょこちょい、ADHD特性のあるManbowが、興味のあることを思いつくままにつづる雑記ブログです。興味のあること→ADHD 発達障害 ライフハック タスク管理 ガジェット 自転車 旅行 英会話など

マインドフルネスを初めてグループでやってみた話

クリスマスイブに(狙ったわけではなく、たまたまですが)、こんなイベントをしました。

 

kokucheese.com

 

ADHD特性のある人にも、そうでない人にもマインドフルネスやってみましょう、という会。個人的にセッションを受けていたのですが、グループでするとどんな感じななのかやってみたかったのと、そわそわ、いらいらしやすいADHD傾向のある人にはマインドフルネスは有効ではないか、と思い、講師の方にお願いして開催することに。

 

マインドフルネスについての記事は、こちらにもあります。

 

 

マインドフルネス・ヨガやマインドフルネス瞑想とも言われています。瞑想っていうと、宗教色の強いイメージがありますが、そういう色は一切ありません。

 

今回の参加者は、マンボウと、ツマンボウと、友人フレンドウ。そして初参加の方の4名。
 
今回の初参加の方は、ADHDの特性があるのではなく、純粋にマインドフルネスに興味があって来られた感じでした。
 
講師は、あささん。
この方、若いのに、めっちゃしっかりしているんです。すごく、落ち着いた雰囲気で指導してくださっています。
 
 
会が始まると、まずは、マンボウが緊張しながら会の紹介。
 
それから、講師の方主導でのワーク。
呼吸を意識しながら瞑想をしたり、
体を伸ばして、伸ばす前と後で身体感覚の違いを感じたり。
 
少しでも様子が伝わるように写真撮っておけば良かった(もちろん顔出しはしませんが)。
 
ちょっと落ち着いて自分の心や体を観察できたと思います。

 

はじめに書いたように、ADHD傾向のある人って、そわそわしたり、すぐ頭が真っ白になったりと、色々とめんたるめんでも問題を抱えている人がいます。ストレスで適応障害やうつなどの二次障害が出てしまう人も。
 
マインドフルネスは、「これをすれば一瞬で変われる!」といった類のものではありません。少しずつ、体や心を客観視する力を自分のものにしていくという感じ。
 
 
会の終了後は、倉敷美観地区のアンティカといお店で懇親会。
ホントノトコロのディープな話も聞けて良かったです(笑)
 
 

今後このようなグループ形式でするかはわかりませんが、講師のあささんは個人セッションもされているので、興味のある方は上記のリンクからどうぞ。

 
マインドフルネス、今年も、継続的に取り組んでいきたいと思っています。
 
 
 
次回のパステルの案内です。マイフルはありませんが(笑)いつも通り、ADHDについてまったりと話す会にします。興味のある方はぜひ。