Harvest

やらかす自分のオンライン おいしいものに、用がある。やりたいことを、やるために。うっかりでおっちょこちょい、ADHD特性のあるManbowが、興味のあることを思いつくままにつづる雑記ブログです。興味のあること→ADHD 発達障害 ライフハック タスク管理 ガジェット 自転車 旅行 英会話など

僕が考える、片付けが苦手な人のための片付け方!

こんばんは。Manbowです。



今日は片づけ方に関する記事です。



僕は片付けをするのが大の苦手です。 今でも自分の部屋をよく散らかっています。ただ以前よりはマシになったという、実感があります。



僕みたいな ADHD の特性がなくても、片付けに悩んでる人は多い。それもそのはず、今はモノで溢れかえってる時代です。誰でも簡単に物を増やすことができます

。欲しくなくたって色んなものが自然に入ってくるのですから、意識して物を手放す仕組みを作らないと、散らかるのは当たり前なのです。




これまでに僕が実践してきた方法をご紹介します。



〇完璧を目指さない

ハードルを下げるのは大切です。 目標が高いとそれに到達してないと落ち込む可能性も高くなります。少しでも取り組むのがいいです。



〇 ピンポイントで攻める(視覚的に)

今日はここを片付ける、と狭い区間を決めます。そうすると終わった時、達成感も得られやすいです。
片付けなければいけない区画に、ビニールテープを貼って見えるようにする、という人もいます。




〇時間を区切る

タイマーを使って時間を区切ります。5分、いや1分でもいいでしょう。やらないよりは少しでもやった方がよっぽどマシなのです。事実、1分でも確実に片付く場所はあります。

 

一気に片付けたいときも、ポモドーロテクニックにならい、一度に取り込む時間は最大でも25分。それが済んだら5分は休憩するようにします。25分あると結構片付きます。ビフォーアフターで、かなり違う雰囲気を体感できると思います!





〇デジタルなモノを活用する。

最近はだいぶペーパーレス化が進んでいます。

便利なものは何でも活用しましょう。

電子書籍に抵抗がないのなら本棚に積んである本の量は減りますし、

書類は、スキャナーでまとめてスキャンしてしまうと楽です。

 

cweb.canon.jp

memorydirect.jp

 

 

 

スキャナーががなくても、スマホのカメラで撮影するだけでも、立派な電子化です。原本をとっておく必要がないなら、思い出の品も少しずつ写真に撮って捨てるのも有効です。



〇人の力を借りる(超有効!)

 

僕が昔、一人暮らしをしていた時は、来客があるだけ、慌ててものすごい勢いで

片付けをしていました。

 

しかしそれもある日限界に達し、全然片付けられてない状態で人を迎えなければいけなくなった事があります。

 

その時は友達にお願いして、部屋に泊めてあげる代わりに片付けを手伝ってもらいました。

 

ホテルManbowのモットーは、「お客様は清掃員です。」

 

ここまではできないにしても、他の人にお願いするのは有効な方法です。パートナーがいるのなら、一緒に片付けをお願いしてみるのもいいでしょう。



そして超おすすめなのが、お金を払ってプロを呼ぶこと!!!

 

これは究極かつ最強の方法です。

 

初めての人は抵抗があると思います。

「自分の汚れた部屋を見せるなんて恥ずかしい。」

「お金を払うなんてもったいない。」

そう思うのも自然 と思います。僕もそう思っていました。

 

しかし、片付けのプロは汚い部屋を何度も見ているからそんなこと気にしていません。どうやったら綺麗になるか一緒に考えて実践してくれます。

 

自分は物が「要る、要らない」の判断をするのに徹して、後はプロに動いてもらえる。これは本当に楽でした。服なんてもの凄いスピードでたたんでくれますよ。

 

「その部屋いつ片付けるんですか? 」

 

という質問をされて、すぐに答えられなさそうな人は、プロと一緒に片付ける日程を一度検討してみても良いのでは、と思います。

 

お片付けをお願いしたときの感想など、またアップしていきたいと思います。

 

今日はこの辺で。

 

※記事が一度全部消えて、打ち直しました。Google音声入力にはなかり助けられました。スピードが速い!ありがたや。